2008年09月18日

ビジネスチャンス

理学療法士としての将来に不安を抱く・・・・



そんな、書き込みを見たことがあります。


理学療法士量産時代の現代。PT関係やリハビリ関係の雑誌でも、今後に向けて理学療法士が活躍する領域を拡大していくことの必要性が唱えられています。


その一つとして、介護保険分野での理学療法士の活躍。または、理学療法士の開業。


10年後の私は、理学療法士としてどのような役割を果たしているだろうか?

病院でのリハビリテーション提供。

介護保険分野でのリハビリテーションの提供。

他の分野での理学療法の提供。


その他・・・もろもろ。



可能性としては、無限に広がっているようにも思えるけれど、他の理学療法士との差別化も意識していかないと生き残るのは大変な事なのかも知れません。




先日の飲み会で、ベテランPTの方から様々なビジネスのお話をしていただきました。私は今まで、ビジネスという視点で理学療法を捉えたことは無かったので、とても新鮮でした。




普通に病院に勤務し、普通に何もしないで日々を暮らしていたら、きっとビジネスに関する話を耳にすることは無かったでしょう。


自分の周りに、そんな話が舞い降りてくる事も無かったでしょう。


コーチングという分野に興味を持ってただ、ただ前に進んでいただけですが、思いもかけず自分の可能性という新しい視点を得る事が出来たのです。




ビジネスに関心をもっていらっしゃる方々とお話をするのは凄く興奮しました。

キラキラとしていて、ワクワクして。面白い本でも読んでいるかのようでした。



私の中の何かが沸々と湧き出してくるのを感じました。




あの時、お話しなければ感じなかったでしょう。コミュニケーションを図ったオマケとして面白いことが見えてきました。




いろんな人とお話してみるのは面白いですね。



井の中の蛙が、大海を知った瞬間でした(*/∇\*)キャッ♪




posted by サリー at 15:00| 岩手 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

アクセス数増加ツール 最終確認☆SEO 20080104(by オークション便利ツール 123913)

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。