2008年09月26日

リハ科勉強会

今日は、リハビリ科内の勉強会がありました。


テーマはズバリ『コーチング』


先日のコーチング研修会をうけて、参加できなかったスタッフも含めてコーチングを知ってもらおうと、私に講師という白羽の矢が立ったのです。


今回の勉強会では、制限時間約30分。


その中で、何を伝えるか・・・・悩みました。


一から十まで伝えるには時間があまりにも足りないし、スキルの話題に入りすぎてもコーチングのあり方を間違って伝えてしまうことになります。


なので、悩んだあげくマインドマップを作成。


P9260007.JPG


このマインドマップを参考に、自分のコーチングに対する考えや体験談、今後こういう風に活用したいんだ!!という夢を語らせていただきました。


実際に言葉にして誰かに伝えようとすると、難しいですね。自分の思っていることとかイメージとなんか違うんだけど言葉にならないあのもどかしさ。

でも、一生懸命伝えました。


で、周りの反応はどうだったかというと・・・・



「聴くって難しいね」

『使うかどうかは別にして、自分のコミュニケーションに注目するってことが大事かもね・・・』

『気づきって大事だって色んなところで言ったり聴いたりするけど、なかなか難しいものだよね・・・』

「コーチングって、やるの難しそうだね・・・」


などなど。いい反応からそうでないものまで。



コーチングを実践する事に対して、難しい印象を持たれたという事は正直ちょっと失敗したかなと思いますが、それは、今後私がどう動くかという事につながるんだろうからよしとしよう。

難しいと思っている人のパラダイムをどうシフトさせるか。


私にできる事をするしかないのだ。

常に問題のベクトルを自分に向けよう!!


そうしたほうが物事はとてもシンプルだ。








勉強会終了後、ある一人のPTの先輩とお話をしました。
その先輩は、聞き上手な方。普段自分の身のうちを話すというよりは、回りの状況をすばやく察知して最善の方法をとられるような方。
周りの反応にも凄く敏感な方なのです。


そんな先輩が、さっきのコーチングの話と自分の家族の事を結びつけて考えてくれて、今までになく自分のことを語ってくれたんです。


時間にして20分くらいの事だけど、その間に今まで知らなかった先輩の新たな一面を知ることができたんです。


今回の勉強会を通して、私は自分のコーチングに対する想いを伝える事が出来た。


それだけでも、素晴らしい事なのに。


コーチングという分野を学んでいる事が伝わった事で、周りが見る私の印象も少し変わったんだと思います。


私の印象が、話をしてみたい対象へと変わったのかもと。


いつも、働いていて仲が悪いわけではまったくないスタッフのみんなと、変な感じですが、新たな・小さなラポールが構築できたのかなと思いました。


今回の勉強会で一番勉強になったのは私。

きっと、一番気づきを得られたのも私。


やってみなければ得られなかったものばかり。


本当に、今日のこの機会を得られた事がありがたい。


スタッフのみんな、ありがとう。





posted by サリー at 23:04| 岩手 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | コーチング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。
いつもは意見させて頂いております。
pelicanと申します。
突然ですが、私のblogのほうにもブックマーク、リンクさせて頂いても宜しいですか?
コメント不適切であれば、削除お願い致します。
Posted by pelican at 2008年09月28日 10:32
pelicanさん。初コメントありがとうございます。いつも見ていただいているようで感激です。
ブックマーク、リンクの件了解いたしました。私の方でも、リンクさせていただきますo(*^▽^*)o
また、遊びに来てくださいね〜コメントもお待ちしております!!
Posted by サリー at 2008年09月28日 19:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

アクセス数増加ツール 最終確認☆SEO 20080104(by オークション便利ツール 123913)

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。