2010年03月30日

臨床実習指導者研修会

3月21日に東北ブロック臨床実習指導者研修会に参加してきました。



参加者は総勢40名。


岩手県内はもちろんの事、宮城県、青森県、福島県、山形県の理学療法士が集まりました。



21日の研修会では、講義は2つ。

1つ目はコーチングのお話。

2つ目は臨床実習指導を通しての療法士の成長のお話。


どちらも、大変興味深いお話でうんうんうなずきながら聞いていました。




私がコーチングを始めて体感したのが、約3年くらい前になります。

そのときのコーチが講師のクジラオカさんだったわけですが、コーチングセッションのテーマは、ズバリ「臨床実習指導」だったんですよね。


初めてのスーパーバイザー。


指導者として学生とどう向き合っていくのか、コーチと一緒に歩んでいった日々が懐かしい・・・・


コーチングを通して、学生指導に対する認識も変化していったし、自分の可能性も、学生の可能性も信じて約2ヶ月指導にあたれたと思っています。


臨床実習にコーチングが100%生かせるわけではないとは思いますが、でも、指導者の引き出しとしてコーチングの考え方があることは、臨床実習指導において学生、指導者両者にとってプラスになるものだと思います。


今回、この講義を受けた私の友人は「実際に講座で聞いたような関わり方が出来ればいいんだけどね〜実際にはむずかしそうだよね〜・・・」

と話してくれました。

初めの一歩はそんな気持ちでいいのかもしれません。


そういう関わり方をしている療法士が実際に居る事を知ってほしい。

そして、その療法士と自分が能力的に大して違いが無い事も徐々にわかってくれたら良いなと思います。

要は、やるかやらないか。

やってみて初めから上手くいくことを目指すのではなく、やってみて自分なりにコーチングをカスタマイズして生かしていってもらえたら良いと思うのです。


4月から臨床実習時期が始まります。

その教育場面で、多くの療法士が今回の講座を思い出して一つ一つ実践してみてもらえたらいいなと思います。



2つ目の講義で、講師の先生が言っていた言葉。


「守・破・離」(しゅはり)
 

『守(しゅ)』『破(は)』『離(り)』とは 指導者から何かを学び始めてから、ひとり立ちしていくまでに人は、『守』・『破』・『離』という順に段階を進んでいきます。


『守』  最初の段階では、指導者の教えを守っていきます。 できるだけ多くの話を聞き、指導者の行動を見習って、指導者の価値観をも自分のものにしていきます。 学ぶ人は、すべてを習得できたと感じるまでは、指導者の指導の通りの行動をします。 そして、指導者が「疑問に対して自分で考えろ」と言うことが多くなったら、次の段階に移っていきます。
『破』  次の段階では、指導者の教えを守るだけではなく、破る行為をしてみます。 自分独自に工夫して、指導者の教えになかった方法を試してみます。 そして、うまくいけば、自分なりの発展を試みていきます。
『離』  最後の段階では、指導者のもとから離れて、自分自身で学んだ内容を発展させていきます。

 
受け継いだものを守り、現代(いま)に合わなくなったものを捨て去り、そこに新しく、独自の工夫を加え、それを繰り返す。

そして今までの型を越える、独自の世界(オリジナリティ)を創り出していく。



やはり、教育は未来を作り出す為に必要不可欠なものなんだなと思います。


学生さんが、年が近かろうが、平成生まれだろうが、年上だろうが、ちょっと個性的だろうが、守・破・離の精神があれば大きく外れた理学療法士教育は存在しないのではないかとも思います。



臨床実習に関して、苦言を呈する人たちも数多く居る中、


一理学療法士として後進の育成を真剣に考えている先輩方が居る事、自分も一理学療法士として何とかしたいという想いを持ってか否か、今回の研修会に参加した参加者の皆さんの存在は一筋の光です。


その光が、また次の光を生み出し、

5年後、10年後、


リハビリテーションの世界が、キラキラと光り輝いているといいなと思います。
posted by サリー at 04:00| 岩手 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 理学療法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ためになる研修を受けてこられましたね。

「要は、やるかやらないか。」
大事なことだと思います。学んでも実践しなくては知らないのと一緒。

できることから実践することですよね。

分かりやすく研修のポイントを教えてもらえて嬉しかったです。ありがとうございます。
Posted by やっぱん at 2010年03月31日 23:50
やっぱんさん、コメントありがとうございます。

やっぱんさんのブログでも、その前向きな実践の姿勢にとても刺激をうけます。

これからも、出来ることから一生懸命実践していきたいと思います。

ありがとうございました。
Posted by サリー at 2010年04月01日 23:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/144880315
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

アクセス数増加ツール 最終確認☆SEO 20080104(by オークション便利ツール 123913)

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。