2008年03月18日

整理

現在学生さんに対し、コーチングをしております。


先々週、担当患者さんとの関係に亀裂が入ってしまい、心疲労がピークな学生さんですあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)


そんな学生さんにどのようなコーチングをしていけばよいのか、悩んでいた私。


先日の自身のコーチングではその事をコーチングしてもらいました。


コーチングを受けて、今まで通りの頻度でコーチングを行う事よりも、今の状況を確認して、学生さん自身がコーチングを必要としているのかどうかを確認する事からしてみようと思いやってみました。


コーチングをはじめる前に、学生さんにとってコーチングの時間がどういう意味をもっているのかを確認してみました。


すると、学生さん自ら

『コーチングの時間がストレスになってはいません。コーチングは続けてやりたいです。自分の頭の中を整理するために、やりたいと思います。』


と言ってくれました。


学生さんのコーチングを進めていく中で、学生さんの中でコーチングが機能しているような感覚を少しずつ得ていました。


それでも、その感覚が独りよがりになっていないか。本当はコーチングが学生さんのストレスになっていないか。実習自体の意味合いを壊していないか、などなど様々な不安がありました。


そんな時に、学生さんの方から

『自分の頭を整理したいから』

という、コーチングの目的の一つをちゃんと意識して向き合ってくれているという事実を知る事が出来てうれしくなりました。


学生さんは、クライアントさんであるけれども、その中で沢山の事を教えてくれます。


学生さんがコーチングをする上で、頭の中を整理しているように、私も学生さんのコーチングを通して様々な事を整理している事に気が付きました。


あくまで、共に歩むコーチング。


学生さんのコーチングを通して、目標に向かって共に歩むという感覚を少しだけ体感できた瞬間でしたぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

posted by サリー at 21:00| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | コーチング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/89779066

この記事へのトラックバック

アクセス数増加ツール 最終確認☆SEO 20080104(by オークション便利ツール 123913)

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。