2008年04月19日

足し算と引き算

昨日、コーチングの勉強のためCTPのクラスに参加していました。


その中でショートコーチングが行なわれ、受講生の方同士でのセッションが行なわれました。


みなさん、受講開始から3ヶ月くらい経過した方々が殆どなのですが、会話の進め方が上手く、『みんなすごいな〜』と関心しながら聞いてしまいました。


その、ショートコーチングのフィードバックでクラスコーチが話していたことがとても印象に残りました。


そのお話は、

『問題を意識した時、問題に気付いたとき、その問題を引き算で捉える人と、足し算で捉える人がいます。コーチングでは出来る限りその人の状況を足し算で捉え考えられるように会話を進めていきます。』

というものでした。


この話を聞いたとき、目から鱗でした。



足し算と引き算。


きっと誰もが日々足し算と引き算を繰り返して生活している。


前に進むために引き算が必要な場合もあるし、足し算が必要な場合もあると思います。


私は、足し算を使う分野と、引き算をどうしても使ってしまう苦手分野と分かれているのですが、苦手分野でも足し算を使うように意識してみたいなと思いました。


引き算は、過去への問いかけ。

足し算は、未来への問いかけ。




どうせ問いかけるなら、足し算で未来への問いかけを心がけたいものです。


未来を見つめ、小さな行動をおこそう。


そして、未来を作ることの出来る自分の力を蓄えよう。







posted by サリー at 07:04| 岩手 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | コーチング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

アクセス数増加ツール 最終確認☆SEO 20080104(by オークション便利ツール 123913)

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。