2010年03月28日

コーチング研修会

約一週間前。

3月20日土曜日に、地元岩手でコーチング研修会が行われました。


講師は、認定コーチのクジラオカさん。


当日の参加はPT、OT、ST、看護師、保健師さんたち総勢30名でした。


この研修会は、PTであり名プロデューサーのも〜ろさんが企画し、実現までこぎつけた研修会でした。

研修会の企画案を初めてお伺いしたのは、昨年の12月。


も〜ろさんと、クジラオカさんがとってもワクワクした様子でメールをしてきてくれたことが印象に残っています。

もちろん、私もその企画を聞いてとってもうれしくワクワクしました。


コーチングは私の成長をサポートしてくれたもので、コーチングの存在を知れたことはとてもうれしい出逢いの一つです。

仕事でも、私生活でも生かせる事は多くありました。

だからこそ、もっと多くの同職種の人たちがコーチングに触れる機会が作れる事は私にとってもうれしい事でした。



クジラオカさん、も〜ろさんとは私の勤務地区の広域支援センター主催研修会でお会いしてから約1年半前ぶりの再開でした。


約1年半前は未来への希望として「いつかクジラオカさんを呼んで岩手でコーチングのセミナーが開けるといいね〜」なんても〜ろさんと口にしていましたが、それが今しっかりと形になりました。

本当にうれしかった。



一緒に企画できた事。

楽しかった。

ワクワクした。



一緒に参加者の反応を見れた。

これもうれしかった。



思っているだけでは見えないことが、色んな形で感じ取ることが出来ました。


スタッフの一人として、この研修会にさんかさせてくれてありがとう。


お声をかけてくれたも〜ろさん、いつも気にかけてくださるクジラオカさんに感謝。


そして、会場で小さなコーチングへの興味を色々と聞いてきてくれたみなさんもありがとう。


今回、みんなで集まった事で芽生えた可能性の芽が、少しずつ色々な形で育っていきますように・・・・



posted by サリー at 10:04| 岩手 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | コーチング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月09日

コーチング受けはじめて早2年

私がコーチングを受け始めたのは・・・・


いつだっけ?



う〜ん・・・・・・


たしか・・・・一昨年の夏くらいじゃなかったかな・・・・


ということは、コーチングを受け初めて早いものでもう2年を超えたわけです。



コーチングを受け続けることは私にとって、いまや生活の一部と仮しています。


コーチングを通して自分がよく見えてきました。


沢山の人や物との出会いがとても愛おしく感じるようになりました。




安心して、仕事をしたり、生活をしたりしています。


これは、幼い頃両親や周囲の大人たちに見守られてスクスク成長していた時の安心感に似ています。



成長できることへの感謝。



人間はいくつになっても成長できると思います。


がむしゃらに成長を求めるのではなく、

ごく自然に自分の身の丈にあった課題に一つ一つ一生懸命向き合うために、

コーチングの力を借りて


一日一日を精一杯生きていけたら良いなと思います。




今日は、コーチングの日・・・・


さぁ、今日はどんな自分と向き合えるだろうか・・・楽しみです。
posted by サリー at 06:00| 岩手 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | コーチング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月02日

エネルギー

先週月に2回行っている自身のコーチングがありました。



私は毎回、コーチング1時間で話す内容を決めて、大体の時間配分も考えて臨みます。

1年くらい前は、コーチングのテーマさえ決まっていなくて、コーチを困らせてしまった事もあったんですが・・・・


最近は話したい事、テーマにしたいことが盛りだくさんなので、自主的に話の内容を決めて取り組ませていただいています。


今回のコーチングは、昨年から長期的に取り組んでいるプロジェクトAに関する報告と、先日あったひすいさんの懇親会でのサプライズに関する報告と、今度行う勉強会に関することと・・・・3本立て。


プロジェクトAに関しては経過報告のみなので5分程度

一番長くお話したのは、ひすいさんの懇親会での友人たちへのサプライズ計画についての報告でした。


このサプライズが上手くいくように、前回のコーチングで色々と頭の中を整理し、戦略を立てていったんです。



そして。・・・・サプライズは大成功!!!

その一部始終をコーチにお話しました。

コーチは自分の事のようにうれしそうに、楽しそうにお話を聞いてくれました。

時には、私の想いや考えを適切な言葉で言い換えてくれたり、想い自体をもっともっと素敵なものへと置き換えてくれたり・・・・

最高の時間でした。


コーチは、本当に私の人生がプラスに向かっていく事を望んでくれている。

私の幸せ、成功を心のそこから応援してくれている。


そう、感じるからこそコーチにお話しているあの時間はとても有意義なんです。


コーチは、私の話を聞いた後、コーチングの最後の方でいつも言ってくれる言葉があります。

「サリーさんのお話を聞いていると、私まで元気になります。いつも、強いエネルギーを感じます。」


と。

私、この言葉を聞くとすごくうれしくなります。


私の生きているエネルギーを受け取ってくれる人がいるんだ。

エネルギーを感じて元気になってくれる人がいるんだ・・・・

そう想うと、うれしくてうれしくて・・・・



私が前向きに一つ一つの小さなことを頑張っていくことが、こんなに素敵なエネルギーを生み出すのかと想うと、もっと頑張ろうって思えるんですよね。


コーチングは、私の毎日の人生戦略にとって強い見方です。


コーチあっての充実したコーチング。

毎回、毎回素敵なコーチに出会える幸せに感謝です。



エネルギーの循環。


コーチからもらうエネルギー。

私がコーチへ発するエネルギー。

いろんなエネルギーが色んな場面で、色んな人に充満するといいな・・・と思います。







・:*:・°★,。・:*:・°☆ ・:*:・°★,。・:*:・°☆


今、コーチングを受けている人って日本でどれくらいいるんだろう?

ちなみに、同年代ではどれくらいいるんだろう・・・


posted by サリー at 11:00| 岩手 | Comment(0) | TrackBack(0) | コーチング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月28日

忘年会

昨日は、参加している地元のコーチング講座関連の練習会&忘年会でした。


今年の2月にコーチング講座で出会った面々が顔をそろえて、午後6時くらいからスタートしました(*/∇\*)

メンバーには、

コーチング講座主催のJコーチ。

出会いのスペシャリストのYさん。

みんなの元気の源。仙台までコーチング講座へ通う意欲的なAさん。

地元大学の准教授、とても親しみやすいUさん。

ベテランPTで、性格も技術もすばらしいMさん。

歯科医師でいつも大量の資料持参で参加のHさんと奥さんのTさん。


そして、皆さんからいつもエネルギーをいただいている私サリー。


練習会は、このメンバー7名で行われました。


練習会は、コーチング関連の話題としてAさんが参加されてきたアサーティブが出ました。

『アサーティブ』

日本では馴染みにくいといわれている考え・技術だそうです。

ものすご〜く大雑把にいうと、

『分かり合える「ノー」、前向きになる「ノー」を言うためのスキル』らしいです。

今回の練習会では、研修を受けてきたAさんがアサーティブの概要を説明してくれ、その考えやスキルについてメンバーが各々の意見をぶつけていくといった感じでした。


日本と諸外国の考えや価値観の違いについては、海外事情に詳しいUさんが鋭い視点をいい、

アサーティブの難しさについては、JコーチとYさんが熱弁を繰り広げていました。


私は??というと・・・

たま〜に意見を言うくらいでしたが・・・・(≧▽≦;)面白い話に食らいついて聞き入っちゃいました。


コーチングも、アサーティブも、日本ではない諸外国から入ってきた考え方が多いと思います。


日本的じゃない表現や価値観がそのまま書かれている事も多いと思います。

何気に古臭い日本的な考えが好きなサリーは、コーチングを学んでいく時に正直受け入れにくい表現や考え方、価値観に度々出会います。

それでも、コーチングを学び続けているのは、
Jコーチや練習会のメンバーの解釈を聞いているからだと思います。
自分ひとりの価値観じゃ受け入れられないものも、誰かの価値観で咀嚼された形で取り入れられると、わかりやすくなります。

Jコーチやみんなと話す事で、日本人である私の中にコーチングが生きています。

今の私があるのは、やっぱりみんなのおかげです。



練習会の番外編として、


歯科医師のHさんの「おへその調整」青龍整体
ベテランPTのMさんのカラダのコンディショニング「姿勢と痛み」

のコーナーがありました。

メンバーの中に体の不調を訴えている人がいたので、その人に治療してました。

専門の勉強会とかそういうのじゃないんですけど、MさんやHさんにいろんなことを教わりました。

なんか得した気分!!


得々の時間でした(*/∇\*)



人との出会いは本当に不思議です。

1年前には考えても見なかった人たちと楽しい時間が過ごせている。

そして、自分の人生の幅も広がりました。


いい人に会えること。本当にツイテル!!



幸せすぎて・・・・笑いが止まりません。


みなさん。本当にありがとう。




posted by サリー at 16:50| 岩手 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | コーチング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月16日

特技

「娯楽」とは、単なる息抜きだ。

その対象への関わり方はあくまで受動的である。

これに対して、「趣味」とは、自分の時間やお金を使って能動的に働きかけるものをいう。

対象への関わり方は、能動的かつ積極的である。

「娯楽」のレベルだと、自分の成長を実感できる事はまずない。

しかし

「趣味」のレベルに達すると自分の成長を実感できる。
そして、「趣味」が他人に負けないレベルまで向上すると、

それは

「特技」になる。






これは、今読んでいる本に書かれてあったことです。


今の私の日常で考えると、コーチングはちょっとこれに当てはまります。


コーチングを通して、確実に自分の成長を実感できています。


まだまだ発展途上だけれども、成長している事は確かだと思うんです。


そんな私。


成長を実感できているコーチングは、今私の中で「趣味」の領域なのでしょう。



究極のキャリア。「特技」まで、いくにはあと10年はかかると思います。


コツコツ、積み重ねていこうと思います。

尊敬するコーチを目指して。

目標とできるコーチの背中を目指して邁進しよう!!

posted by サリー at 23:19| 岩手 | Comment(3) | TrackBack(0) | コーチング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月28日

パーソナルコーチング

昨日は、パーソナルコーチングの日。

1時間のセッション時間でテーマは2つ。

仕事に対する不安やストレスの対処法についてお話しました。



2つとも、未来に対する不安。見えないものに対する不安でいした。



セッション終了後、どういう心境になったかというと・・・・



見えないことで不安やストレスだったものが、少しだけイメージ化できて、不安という手強かった敵が、そうでもなくなってきました。


闘えるかも、というか、闘わなくても仲良くできるかも・・・みたいなイメージに変わったんです。


一番印象に残ったのは、私が話した不安やストレスをコーチが

『不安三兄弟』という表現をされたこと。


この一言で、私の中の手強かった不安は、そうでもなくなって不安自体も面白いものになったのです。


だって、『不安三兄弟』って・・・・飲料水のダカラのCMの『余分三兄弟』見たいで・・・思わず笑っちゃいました。


img7f17078ezikbzj.jpg


不安は自分が作っているものである事。

整理して見つめなおせば、そんなに怖いものではない事。


そういうことが、今回改めて得られたことであります。




不安三兄弟・・・・



明日から少しだけ上手く付き合っていけそうな気がしますo(*^▽^*)o
posted by サリー at 19:57| 岩手 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | コーチング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月26日

リハ科勉強会

今日は、リハビリ科内の勉強会がありました。


テーマはズバリ『コーチング』


先日のコーチング研修会をうけて、参加できなかったスタッフも含めてコーチングを知ってもらおうと、私に講師という白羽の矢が立ったのです。


今回の勉強会では、制限時間約30分。


その中で、何を伝えるか・・・・悩みました。


一から十まで伝えるには時間があまりにも足りないし、スキルの話題に入りすぎてもコーチングのあり方を間違って伝えてしまうことになります。


なので、悩んだあげくマインドマップを作成。


P9260007.JPG


このマインドマップを参考に、自分のコーチングに対する考えや体験談、今後こういう風に活用したいんだ!!という夢を語らせていただきました。


実際に言葉にして誰かに伝えようとすると、難しいですね。自分の思っていることとかイメージとなんか違うんだけど言葉にならないあのもどかしさ。

でも、一生懸命伝えました。


で、周りの反応はどうだったかというと・・・・



「聴くって難しいね」

『使うかどうかは別にして、自分のコミュニケーションに注目するってことが大事かもね・・・』

『気づきって大事だって色んなところで言ったり聴いたりするけど、なかなか難しいものだよね・・・』

「コーチングって、やるの難しそうだね・・・」


などなど。いい反応からそうでないものまで。



コーチングを実践する事に対して、難しい印象を持たれたという事は正直ちょっと失敗したかなと思いますが、それは、今後私がどう動くかという事につながるんだろうからよしとしよう。

難しいと思っている人のパラダイムをどうシフトさせるか。


私にできる事をするしかないのだ。

常に問題のベクトルを自分に向けよう!!


そうしたほうが物事はとてもシンプルだ。








勉強会終了後、ある一人のPTの先輩とお話をしました。
その先輩は、聞き上手な方。普段自分の身のうちを話すというよりは、回りの状況をすばやく察知して最善の方法をとられるような方。
周りの反応にも凄く敏感な方なのです。


そんな先輩が、さっきのコーチングの話と自分の家族の事を結びつけて考えてくれて、今までになく自分のことを語ってくれたんです。


時間にして20分くらいの事だけど、その間に今まで知らなかった先輩の新たな一面を知ることができたんです。


今回の勉強会を通して、私は自分のコーチングに対する想いを伝える事が出来た。


それだけでも、素晴らしい事なのに。


コーチングという分野を学んでいる事が伝わった事で、周りが見る私の印象も少し変わったんだと思います。


私の印象が、話をしてみたい対象へと変わったのかもと。


いつも、働いていて仲が悪いわけではまったくないスタッフのみんなと、変な感じですが、新たな・小さなラポールが構築できたのかなと思いました。


今回の勉強会で一番勉強になったのは私。

きっと、一番気づきを得られたのも私。


やってみなければ得られなかったものばかり。


本当に、今日のこの機会を得られた事がありがたい。


スタッフのみんな、ありがとう。





posted by サリー at 23:04| 岩手 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | コーチング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月14日

研修会開催

いつも、ご覧いただきありがとうございます。みなさんが見てくれていると思うだけでいつもうれしく思っています。



・:*:・°★,。・:*:・°☆ ・:*:・°★,。・:*:・°☆


ついに昨日。コーチング研修会を開催できました手(チョキ)


昨年からず〜っと煮詰めてきた研修会だったので、当日を無事に迎える事ができて本当にうれしかったですわーい(嬉しい顔)



今回のコーチング研修会は、私のコーチングのコーチでもあるアニキコーチに講師を依頼しました。医療従事者を対象とした研修会として、ケアに活かすコーチングをテーマに講演していただきました。



会場に集まった方々の8割はコーチングの概要をよく知らない方々でした。その中で、コーチは的確に伝わりやすい表現をしてくださいました。


約2時間の研修会。本当にあっという間の時間でした。


研修会終了後、出席したスタッフに「どうだった?」と聞くと、『面白かったですわーい(嬉しい顔)』と好反応o(*^▽^*)o


自分で企画して、実現した研修会だったのでスタッフのこの反応に感無量でした。コーチングが医療・福祉分野に当たり前のように浸透していくにはまだまだ時間がかかるだろうけど、浸透していくための確かな一歩を踏み出せたような気がします。



アニキコーチには、何かとお忙しい中色々とご配慮いただき、すばらしい研修会にしていただきました。


アニキコーチの頑張りにはいつも勇気付けられますが、今回もその頑張りには圧巻でした。

そして、私の提案した研修会を快く了承してくれたリハビリ科長、事務長、当日会場設営に協力してくださった病院スタッフのみんな、研修会でのエクササイズで自らみんなの前に出てコーチ役、クライアント役をかってでてくれた方々、そして、コーチングというテーマに興味を持って自分の時間を割いて研修会に参加してくださった皆さんにありがとうと感謝の気持ちでいっぱいです。



みなさん。本当にありがとう。



今回の研修会を企画し、実現できた事で気づけたがたくさんありました。私は、皆さんの力をお借りしてまた一つ成長できたような気がします。


本当にありがとうございました。みんな、大好きです黒ハート




みなさん。お疲れ様でした。
posted by サリー at 18:46| 岩手 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | コーチング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月04日

コーチング脳

先日のブログでも書きましたとおり、初めてのコーチ役に向けて後輩Mちゃんにセッションの練習をさせてもらいました。


このMちゃんは以前、臨床実習コーチングで協力していただいた一人。そのときは、1セッション1時間程度で行っていましたが、今回は5分間コーチングということで、Mちゃんにもその旨を伝え、あえて5分間でのコーチングをさせてもらいました。



Mちゃんは、自分の中にある想いを話す事で色々新たな気づきや発見を見つけるタイプだったので、5分の中で話をまとめる事が出来るかどうか、多少の不安はありましたが、そこは前日にコーチにアドバイスをもらっていたのでそのアドバイスを意識しながら臨む事ができました。



5分間コーチング終了後、Mちゃんから感想を聞くとセッション前より少しでも肯定的になれたようだったので、ほっとしました。


それに、感想の中で「セッションの日程が決まってからセッション開始まで、サリーさんに何をお話しようかと考えていたので、短い時間の中でも自分なりにまとめて話せたような気がします。」という話があり、この言葉に私はかなりうれしさを感じました。


彼女は、セッションまでの時間を大切に使ってくれた。考える時間をしっかりと持ってくれていました。


そう、セッションの時間のみが大切なのではないのです。むしろ、セッション前までの時間や、セッションから次のセッションまでの時間に何を考えたか・・・・そのこと自体が大切なのです。


セッションはあくまできっかけです。

そのきっかけがしっかり機能するような思考回路を持ち始めているMちゃんは、すでに『コーチング脳』かも・・・・と思ってしまいました。


定期的にセッションをする事で得られるメリットは大きい。

しかし、定期的じゃなくてもしっかり約束を取り付けて話す時間を作るだけでも、それだけでもコーチングになっていることを改めて実感しました。




私が、コーチングに出会い、セッションを受け初めて早1年が過ぎました。


私の中でも、様々なタイミングで「コーチング脳」へと切り替えられています。



この、「コーチング脳」の持つ威力は、クライアント×コーチといった単純な掛け算以上に、思いもかけない化学反応をもたらすものであるように思います。




それに、気づかせてくれたMちゃん。ありがとう。


だから、コミュニケーションは面白い!!コーチングも面白い!!



posted by サリー at 12:00| 岩手 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | コーチング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月02日

お知らせです。

お知らせです。


福島でのコーチングセミナーのご案内です。


私のコーチングのコーチでもあり、度々このブログにもコメントをいただいているアニキさんも講師として参加されるそうです。


では・・・以下ご案内ですo(*^▽^*)o



・:*:・°★,。・:*:・°☆ ・:*:・°★,。・:*:・°☆ ・:*:・°★,。・:*:・°☆ ・:*:・°★,

<< 2008年秋期 いわき市 コーチング体験セミナー >>

今、「ビジネス」「医療・福祉」「子育て・教育」でコーチングが非常に注目さ
れています!

医療・福祉、教育、子育て、ビジネスなどに関わる「人」の問題をコーチングを
通じて解決するスキルを学ぶセミナーです。

このセミナーに参加することで、『コーチングとは何か?』が理解できます。



【日時,全3回テーマ内容】

第1回:
9月21日(日) 13:00〜16:00
『話を聴く、傾聴』
・コーチングの基本スキル「傾聴」
・話を聴く事の重要性と具体的手法

第2回:
10月12日(日) 13:00〜16:00
『相手の考え、答えを引き出す質問』
・コーチングの重要スキル質問の技術
・業務を円滑にする質問の技術

第3回:
11月9日(日) 13:00〜16:00
『相手を伸ばす承認』
・これからの社会に重要なスキル
・人間関係を円滑にする具体的な方法



【場所/会場】
いわき駅前LATOV ラトブ( いわき産業創造館6F 会議室1 )


【参加費】
全3回一括でのお支払い¥4000 (各回ごとのお支払い1回につき¥1500



【講師紹介】
・福島県コーチングカウンセリング実践会代表 門馬俊光
1968年生まれ 福島市出身
有限会社スタイルプロデュース代表取締役
(財)生涯学習開発財団認定コーチ
(株)コーチ21 クラスコーチ
桜の聖母女子短期大学生涯学習センターコーチング講座講師
http://momcoach.livedoor.biz/


・福島県コーチングカウンセリング実践会いわき支部支部長 鯨岡栄一郎
1971年生まれ いわき市出身
理学療法士として、市内介護老人保健施設に勤務
(財)生涯学習開発財団認定コーチ
日本でも数少ない、コーチ資格を持ったリハビリ専門職として活躍中
http://coachpt.com/


【お申し込み】
Fax: 024-545-8662 か e-mail: momcoach@mac.com(門馬) までお願いいたし
ます。
※定員もあるため、お早めに申し込みすることをおすすめいたします。



【主催】
福島県コーチングカウンセリング実践会 (財)生涯学習開発財団認定コーチ 
門馬俊光
〒960-1101 福島県福島市大森字鶴巻9-5  TEL:024-545-8661



・:*:・°★,。・:*:・°☆ ・:*:・°★,。・:*:・°☆ ・:*:・°★,。・:*:・°☆ ・:*:・°★,



近隣にお住まいの方、コーチングに触れるチャンスです!!(≧▼≦)
posted by サリー at 21:59| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | コーチング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月01日

同志

同志


―意味―

主義・主張を同じくすること。また、そういう仲間。同じ志の人



先日、自身のコーチングセッションをしました。コーチのアニキさんとのセッションですが、今回のテーマは『理学療法士としてどうありたいか』という事。


自分が今思っていることを、整理しました。


私が話した事を、アニキコーチは最後のフィードバックで『まさに、今日サリーさんがお話された事は、自分が今考えている事と似ていたのでびっくりしました。』と言ってくれました。



私が今回のセッションで考えてお話した事は、あまり私の周りでは強く主張される事がありませんでした。それらしい事は言っていても、中身の薄い空想論で終わってしまうことも多い内容でした。


だから、自分のこの考えもそのまま考え続けていいものかどうか、自信のない部分でもありました。


そんな中、アニキコーチも同じような事を考えていたというお話を聞いて、心の奥から温かくかつ熱いものが湧き出してくる感覚を覚えました。


ほっとするような、安心するような、そして勇気付けられるようなそんな感覚です。


同業者のアニキコーチだからこそのご意見。その意見をお聞きできた事で、私の中の思いも一層力強く根付き始めました。



こう言ったら大先輩のアニキコーチに対しておこがましいかも知れませんが、その瞬間はまさに同志の存在を見つけた幸福感で満たされていました。


同志



一人でもいる事で、強くなれる。優しくもなれる。踏ん張れる。


私が今、目指している理学療法士像は同志の存在を感じた事で、また新たに温かな光を放ちだしました。




アニキコーチ、今回もセッションありがとうございました。とても、有意義な時間でした。


posted by サリー at 16:00| 岩手 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | コーチング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月30日

★初体験★

先日、コーチングのクラスで初めてコーチ役をしました。

勉強を始めて、約半年。


なかなか勇気が出ず、なかなか挑戦できずにいました。



「クラスのみんなが聞いている中でコーチ役をやるなんて・・・・」

「上手くいかなかったらどうしよう・・・」

「頭が真っ白になっちゃうかも・・・」


などなど、一歩踏み出すのを抑える余計な気持ちだけがありました。


そんな時、クラスの1週目にクラスコーチ(担任みたいな方ですね)に「最終週には、ぜひサリーさんコーチ役をやってくださいね〜」とリクエストされたました。


それを機に、背中を押された私は、最終週で必ずコーチ役をやってやろうと決意したのです。


ただ、決意しただけだと弱い気持ちに押しつぶされてしまいそうだったので、少しでも自信をもって望めるように最終週までにできる事を考え実践しました。


まずは、コーチ役をする5分間コーチングの資料を何度か聞いてみたり、実際に5分間コーチングを体験するために後輩にクライアント役をお願いしり、現役のコーチにお会いする機会があったので、相談してみたり・・・・


できることはしました。



そして、当日。


クラスコーチの『誰かコーチ役を引き受けてくださいませんか?』という言葉に、勢い良く反応し立候補しました。




結果は・・・・・



フィードバックでさまざまなご意見を聞くことが出来、やって良かった〜という気持ちになることが出来ました。


コーチングセッション自体は、上手くいったとも言いがたいのですか(笑)、そこはコーチングを学んでいるクラスメイトの皆さん。ちゃんと良いところと改善点をうまく混ぜながらフィードバックしてくださいました。



それが、本当にうれしかった。



本当にやって良かったです。


コーチ役をするチャンスを与えてくれたクラスコーチの方や私がコーチ役をやることを快く了承してくれたクラスメイトの方々。それに、私の始めてのコーチ役に向けての行動に、これも快く協力してくださった後輩やコーチの存在に感謝です。



みなさん、本当にありがとうございます。みなさんのおかげで、私はまた未知の世界の光を感じることができました。



今回の初体験の光は、とてもキラキラと輝いて見えました。

posted by サリー at 17:00| 岩手 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | コーチング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月06日

こちらも終了しました

5月からはじめていました臨床実習コーチング。


2名のクライアントさんにご協力いただき、私がコーチとしてコーチングをさせていただいていました。



そのコーチングが先日終了!!




ひと月に2回のペースでコーチングを実施してきましたが、徐々に私も、そしてクライアントさんもリズムが分かってきたようで、最後の方は双方があっという間の感じがあったセッションをさせていただきました。



今回のクライアントさんは、私の後輩さんでした。臨床実習としてはじめてSVを経験する人と、初めてCVを担当する事になった人と2名。



コーチングっていう言葉自体今ひとつ分からなかった二人に、一生懸命コーチングさせていただきました。


先日のコーチング終了後、お二人から


『コーチングをしていただいてよかった。』

『また、バイザーをしてみたいと思いました。』

『今度、バイザーをする時に活かせると思います。』

『通常の業務にもつながる事も多くて、そういうことに気が付けたことが良かったです。』

『コーチングをしていなかっらた、もっと一人で混乱していたかもしれません。』

などなど、とてもうれしいお言葉を頂きました。


コーチとして、長期間クライアントさんと関わるのははじめてだったので、この言葉を聴いて本当にうれしかったです。


少しでも、彼女たちの力になれたのならそれこそ本望です。


クライアント経験はあった私ですが、自分がコーチ側に立ってセッションをする事は無かったので、初めての経験・気づき・学びがありました。

クライアントさんがいてくれることのありがたさや感謝にも気づきました。


私がコーチングを学び始めた理由の一つに、コーチングで同僚や後輩の気持ちを楽にさせてあげたいということがありました。


それが、今回のコーチングを通して少しでも達成できたようでうれしかったです。


二人のコーチングを通して、コーチングのあり方と言うものの考え方も少し変わりました。


コーチング = 目標達成


のようなイメージが強かったのですが、コーチングを活用する事で得られる事はそれだけではありませんでした。


コーチングは、コーチングを活用して、自分の状態をどのようにもっていきたいかという思いの上にあってもいいものかもしれないなと思い始めました。(こういうことは、当たり前のことなのかもしれませんが・・・・今頃気づきました^^;)


大きな目標に向かって進んでいく事は、そう簡単な事じゃありません。強い意志や、やる気の有り余るような人はいいでしょうが、大抵の人間はもろく、進みにくいものでは無いでしょうか?


毎回、毎回目標にむかってやりとげるばかりではなく、時にはコーチングを自分を整えるために使う。


たとえるならば、車で旅行先へ向かっている途中のコンビニやPAみたいなもの。トイレに行ったり、小腹を満たしたり、ちょっと休憩して疲れを癒したり、そういうもの。言うならば、人間としての自分をいい状態に持っていく場所や方法・空間や存在。

そういうものを自分でチョイスできることができればいいなと思いました。




自分が最高のパフォーマンスを提供できるように、人間力をマイルドにしておく。


そういう、コーチになりたいなと思いました。


二人の後輩クライアントさん。本当にありがとう。とてもいい経験になりました。






職場に、少しずつ広まってきたコーチング旋風。


とりあえず、この二人はコーチングに対する興味と、コーチングの効果を感じてくれたようです。



来月には、当院主催のコーチング研修会があります。そこでも、更なる旋風が巻き起こりますように!!


宣伝活動かんばるぞ!!




※落ち着いたら、私のコーチングを受けてくださるクライアントさんを募集させていただきたいなぁ・・・と思っています。

乞うご期待?!


そのときは、みなさん。よろしくお願いいたします(〃^∇^)o

posted by サリー at 16:00| 岩手 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | コーチング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月23日

悩み⇔進む

コーチングを学び初めて半年。


学んだことを活かしたい。そしてコーチングを周りの人にも知って欲しい。そんな思いが日に日に募っていました。



そんな中、その想いを実現すべく一つ行動していることがあります。



それは、コーチングをテーマに地域リハビリ研修会を開催する事。


うちの病院は、地域のリハビリテーション広域支援センターという役割を担っています。

そのため、年2回の研修会を主催しています。

研修会の参加者はリハビリテーションに関わっているすべての職種なので、ナースもケアマネも、介護士もPT。OT、STさまざまです。

そんな、比較的規模の大きい研修会でコーチングを取り上げることになりました。


毎回研修会のテーマを決めるときは、リハ科の科長が決めている感じなんですが、今回は研修会のだいぶ前からリハ科長に『コーチングをテーマにした研修会はどうですか?』と話していました。


コーチングについて、説明したり、自分の経験を話したり・・・・


まさに、さまざまなプレゼンテーションをしました。


プレゼンをするのは入職して初めてだったので、初めはドキドキしましたが、話が形になっていくことにだんだんうれしくなってきてワクワク感に変わっていました。





コーチングをどう表現して、どう伝えれば興味を抱いてくれるだろうか・・・


最近はそんなことをよく考えています。


私の経験からも言えますが、コーチングは実際に触れることでその良さを実感します。

本や情報だけではなかなか分からないものがある。


何よりも、コーチングに対してのワクワク感が伝わりにくいと思います。

だから、研修会で伝えたい。


そのために、今自分に出来ること。明日自分に出来ること、1ヵ月後に自分に出来ることをイメージして取り組んでいます。


それは、計画を立て実行することが億劫な私にとって簡単なことじゃないけど、それでも、その計画実行をサポートしてくれる人たちがいます。


だから、私は悩んでも、前に進める。


進めばまた悩みは出てくる。

けど、また進める。





今の取り組みへのこの感じ。


すごく有意義です。




この状況にいれることに、本当に感謝します。




9月の研修会。面白いものにするぞ〜〜〜〜ヽ( ´¬`)ノ

posted by サリー at 21:55| 岩手 | Comment(0) | TrackBack(0) | コーチング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月15日

すっきり

昨日は私自身のコーチングの日でした。

1ヶ月に1〜2回くらいやってますが、毎回毎回コーチングが終わった時にはすっきりします。

昨日は、ここ1、2ヶ月で少しずつ動きだしていた、私のコーチングについて。せっかくコーチングを勉強してインプットしているので、少しでもアウトプットしようと、ちゃくちゃくと動きはじめています。

今までは自分がコーチをもち、コーチングを受けるクライアントの立場が多かったのですが、今は自分がコーチの立場でクライアントさんをもってコーチングのスキルを活用し実践するという段階にきています。

現在、コーチング契約をしているクライアントさんが2名います。

昨日、めでたくその一人の方と初セッションをする事ができました。

回数を重ねていくごとに、よりクライアントさんの力を引き出していけるよう、真剣に取り組んでいきたいなと思います。

今では私がコーチングを学びスキルを活かす事は、人と深く関わる事を業とする私の仕事やそこから自分の幸せを感じる自身の性分になくてはならない物になりつつあります。

コーチングの人間観は、私の勇気や希望になり、人と関わる事の素敵な部分を沢山見せてくれます。
posted by サリー at 13:19| 岩手 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | コーチング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月26日

クライアント募集

かわいい臨床実習コーチング無料クライアント募集かわいい

いつもご覧頂きましてありがとうございます。

今回、私サリーのコーチングを受けてくださるクライアントさんを募集させていただきます。
コーチングに興味がある方、是非ご連絡ください。

:*:・°★,。・:*:・°☆ ・:*:・°★,。・:*:・°☆ ・:*:・°★,。・:*:・°☆ :*:・°★,。・:*:・°☆ ・:*:・°★,

みなさん、コーチングをご存知ですか?
コーチングとは、人間の能力や可能性を引き出して、自発的な行動を促進するコミュニケーションの手法です。コーチはクライアントの無限の可能性を信じ、相手の中にある答えを探求しながら共に進んでいきます。

:*:・°★,。・:*:・°☆ ・:*:・°★,。・:*:・°☆ ・:*:・°★,。・:*:・°☆ :*:・°★,。・:*:・°☆ ・:*:・°★,

以下のような方を募集いたします。

@ 臨床実習を迎える学生さん
 
 あなたの実習における目標はなんですか?
 PT・OTの養成校で学んでいると、臨床実習はPT・OTになるために必ず訪れる避けては通れない道の一つです。実習をクリアしないと、次の段階へは進めません。ましてや、あなたがPT・OTになるという最終目標を達成できません。になるために必ず訪れる避けては通れない道の一つです。実習をクリアしないと、次の段階へは進めません。ましてや、あなたがPT・OTになるという最終目標を達成できません。自分の好きなことをする時間と違って、実習は担当の患者さんや病院スタッフ(特にスーパーバイザーやリハビリスタッフ)とのコミュニケーションや今の自分の知識や技術のレベル等に対する不安や緊張が多々あります。その中でたくさんの問題を解決していく事が必要です。このような中では、なかなか本来の自分の能力を出し切り有意義な実習を行っていく事に多くの努力と精神力を要します。
『実習は避けては通れないから多少の困難があっても出来る限り頑張って臨みたい。』
 このように多くの実習生は思っている事と思います。しかし、出来る事なら楽しんで積極的に自分の能力を最大限に発揮しながら実習に臨みたいとは思いませんか?
 コーチングとはそんなあなたをサポートする一つの方法です。

A臨床実習指導を担当されるリハビリ職の方
 実習での学生指導は、通常の業務に加えて行われるため相当なエネルギーを必要とします。バイザーをすることは、学生さんの成長をサポートする事でもあり自分の成長にもつながります。『大変だと分かっているけれど、少しでも学生さんの能力を引き出した指導をしたい。学生さんとのコミュニケーションを円滑にして、より実りある実習にしたい。』そう思って指導されている方が多いことと思います 。
 コーチングとはそんなあなたの想いをサポートする一つの方法です。

:*:・°★,。・:*:・°☆ ・:*:・°★,。・:*:・°☆ ・:*:・°★,。・:*:・°☆ :*:・°★,。・:*:・°☆ ・:*:・°★

募集人数:3名
期間:約3ヶ月
回数:1週間に1回または2〜3週間に1回のペースで行ないます。1回のセッションは30分〜40分です。
セッション方法:電話
料金:無料 (ただし、電話代はご負担頂きます)


《開始までの流れ》 お申し込み→オリエンテーション→契約書記入→開始
となります。

・お申し込みはE-mailにて、お名前とご返信用のご連絡先をお知らせください。
・こちらから折り返しご連絡をさせていただき、オリエンテーションの日程をご相談のうえ、決定いたします。
・オリエンテーションを行い、コーチングの進め方について詳しいご相談をさせていただき、コーチングに関する不明な点や、不安を解消していただきます。また、具体的な期間、回数などの詳細についてもご相談させていただきます
・オリエンテーション終了後、継続的なコーチングを希望される場合には、ご契約の手続きを行います。また、次回のコーチングの日程、コーチングのペースや日時などももご相談いたします。


尚、個人情報や知りえた秘密は一切口外いたしません。




ご興味のある方は
お気軽にお問い合わせ下さい。

delight.coach@gmail.com

まで!



ご覧頂きありがとうございましたヽ( ´¬`)ノ
posted by サリー at 13:49| 岩手 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | コーチング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月20日

岸さんのセミナー

今日は、岸英光氏のコーチングセミナーに行ってきました。

01_s3.jpg


岸英光氏のことは、リハビリテーションコーチング研究会のHPで見たことがあり、存在だけは知っていました。


でも、どんな人かは知らず・・・


書籍も読んだことがありませんでした。



そんな岸さんのセミナー



すっごく面白かったですヽ( ´¬`)ノ




テーマは『パラダイム』


いつの間にか身についてしまった習慣や考え方の枠組み。これが、時に行動のブレーキとなってしまう事があります。


そんなパラダイムについて、テンポのよいお話で話してくださいました。


自分にも、パラダイムがあります。


このパラダイムを上手くはずしたときに人は能力を思ったよりも簡単に発揮できるのだそうです。


コーチングの勉強をしていても、このパラダイムをしっかりと教えてくれる機会はあまりないそうです。


たまたまセミナーがあって参加できて良かったです。



岸コーチの人柄。すばらしかった。



一気にファンになってしまいまいた。


posted by サリー at 21:34| 岩手 ☀| Comment(2) | TrackBack(2) | コーチング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月19日

足し算と引き算

昨日、コーチングの勉強のためCTPのクラスに参加していました。


その中でショートコーチングが行なわれ、受講生の方同士でのセッションが行なわれました。


みなさん、受講開始から3ヶ月くらい経過した方々が殆どなのですが、会話の進め方が上手く、『みんなすごいな〜』と関心しながら聞いてしまいました。


その、ショートコーチングのフィードバックでクラスコーチが話していたことがとても印象に残りました。


そのお話は、

『問題を意識した時、問題に気付いたとき、その問題を引き算で捉える人と、足し算で捉える人がいます。コーチングでは出来る限りその人の状況を足し算で捉え考えられるように会話を進めていきます。』

というものでした。


この話を聞いたとき、目から鱗でした。



足し算と引き算。


きっと誰もが日々足し算と引き算を繰り返して生活している。


前に進むために引き算が必要な場合もあるし、足し算が必要な場合もあると思います。


私は、足し算を使う分野と、引き算をどうしても使ってしまう苦手分野と分かれているのですが、苦手分野でも足し算を使うように意識してみたいなと思いました。


引き算は、過去への問いかけ。

足し算は、未来への問いかけ。




どうせ問いかけるなら、足し算で未来への問いかけを心がけたいものです。


未来を見つめ、小さな行動をおこそう。


そして、未来を作ることの出来る自分の力を蓄えよう。







posted by サリー at 07:04| 岩手 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | コーチング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月31日

スキップ

今日は地元コーチのコーチング講座の日でありました(o・v・o)

前回少し気が重かったサリーですが、今回は足取りも軽く意気揚々と会場へ向かいました。

今日も沢山のワークショップの時間があって、本当に楽しかったです(●^o^●)
回数を重ねる事に参加者の皆さんとも打ち解けて来たような感じで、とても居心地が良いです。

楽しくて、あっという間の2時間でした(^O^)


やっぱり、こういう場でコーチングを学ぶのは楽しいし、ワクワク、ウキウキします!

自分の参加してる感が凄く良いです。


個人的に、CTPより楽しい!

CTPま沢山学びがあるんですけどね…( ̄▽ ̄)




楽しいコーチング講座を終え、思わずスキップしたくなってしまったサリーです。


(誰か見てたらちょっと不審者かも(-_-;))
posted by サリー at 21:55| 岩手 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | コーチング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月18日

整理

現在学生さんに対し、コーチングをしております。


先々週、担当患者さんとの関係に亀裂が入ってしまい、心疲労がピークな学生さんですあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)


そんな学生さんにどのようなコーチングをしていけばよいのか、悩んでいた私。


先日の自身のコーチングではその事をコーチングしてもらいました。


コーチングを受けて、今まで通りの頻度でコーチングを行う事よりも、今の状況を確認して、学生さん自身がコーチングを必要としているのかどうかを確認する事からしてみようと思いやってみました。


コーチングをはじめる前に、学生さんにとってコーチングの時間がどういう意味をもっているのかを確認してみました。


すると、学生さん自ら

『コーチングの時間がストレスになってはいません。コーチングは続けてやりたいです。自分の頭の中を整理するために、やりたいと思います。』


と言ってくれました。


学生さんのコーチングを進めていく中で、学生さんの中でコーチングが機能しているような感覚を少しずつ得ていました。


それでも、その感覚が独りよがりになっていないか。本当はコーチングが学生さんのストレスになっていないか。実習自体の意味合いを壊していないか、などなど様々な不安がありました。


そんな時に、学生さんの方から

『自分の頭を整理したいから』

という、コーチングの目的の一つをちゃんと意識して向き合ってくれているという事実を知る事が出来てうれしくなりました。


学生さんは、クライアントさんであるけれども、その中で沢山の事を教えてくれます。


学生さんがコーチングをする上で、頭の中を整理しているように、私も学生さんのコーチングを通して様々な事を整理している事に気が付きました。


あくまで、共に歩むコーチング。


学生さんのコーチングを通して、目標に向かって共に歩むという感覚を少しだけ体感できた瞬間でしたぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

posted by サリー at 21:00| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | コーチング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アクセス数増加ツール 最終確認☆SEO 20080104(by オークション便利ツール 123913)

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。