2008年03月17日

ヤバスヤバス

今日は地元のコーチが主催するコーチング講座に参加してきました(o・v・o)

業務多忙でストレスフルな今日、正直サボっちゃおうかなぁ(-_-;)なんて思ってたんですが、なんとか気持ちを奮い立たせて片道1時間電車に揺られて参加したんです。

そうしたら、すごく良い事がありました。

今日の講座で、謀らずとも隣の席に座った男性。その方が同業者である事が後に判明したんです!

そう同じPTだったんですね〜(^_-)

しかも、なんか聞き覚えのあるお名前。『ま、いっか』とそんなに気にしてなく最後に職場をお聞きしたら

ハッ(>д<)思い出した!

県内でも有名な、あの大ベテランの先生だあぁあぁァ

と気づいてしまい、その瞬間からやや緊張(>_<)しましたが、気さくに話しをしてくださり沢山話す事が出来ました。

その話の中で、

『バイザー会議でも、こういう勉強会があればよいよね』

とか

『PTの中でも、Hコーチをお招きしてコーチングの研修会が出来たら良いよね』

など、話があがり、なんだか嬉しくなりました。

当県のリハビリの世界にもコーチングが広まりそうな予感です。

考えるとすごくワクワクします!

サボらず参加して良かった(^O^)
posted by サリー at 21:41| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | コーチング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

モチベーションUP

先週、私自身のコーチングセッションがありました。



学生さんへのコーチングと、CTPのクラスと、通常の業務と・・・いろいろ頭の中ががいっぱいいっぱいだったなかでのセッションでした。


いろんなことへのモチベーションがあがらず、めんどくさい病に少しかかってしまっていた時でしたふらふら


コーチに何を話そう・・・


何を整理したいのだろう・・・


と自分自身に問いかけても、今ひとつ答えが見つからない状態だったんですが、

実際にセッションが始まると、ごちゃごちゃだったはずの頭の中から次から次へと言葉が出てきます。


コーチの話の聞き方がすでに自分の中で馴染んでいるということもあるんでしょうが、完全に安心しきって話していました。


話を聞いてもらっているだけで、悩んでいる・迷っている自分でさえ受け入れてもらえている

だから

話しているだけで、色んな自分に気づける。


そしてまた、自分の前に道を見つけられる

気が付くと、道を進むための必須アイテムモチベーションがゲットできている。

コーチングをする事は、TVゲームをクリアするのと同じくらい、いや、もしかしたらそれ以上に気持ちいいグッド(上向き矢印)




私の人生は私にしか歩めない。

たとえ、誰に影響を受けても、どんな環境に左右されようとも進めるのは私だけ。


『どんな道でも進んでいいんだよ。どんな道を選んでも君は君。


進んでみて何が見えた?その世界を教えて!!』




と、コーチングの事を考えるとそんな声が最近は聞こえてきます。



小さいころ、両親が私が感じた事、伝えたい事を興味深深に聞いてくれて凄くうれしかったことを思い出します。

うれしくて、また報告したくて、また話したくて、とにかく色々挑戦し前に進もうとしていたような気がします。


大人になるにつれて、そんな機会がなぜか減っていたような感じがします。


自分が納得するくらい、100%自分に興味を持って話を聞いてくれるなんて機会を持つ事はなかなか無いような気がします。


そんな存在をもてていることは幸せな事だなぁと改めて思いますぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)


この日のコーチング終了からまたちょっとだけ、モチベーションがあがりましたグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)



勉強も、仕事も楽しく出来ました。


コーチ、話を聞いてくれて本当にありがとうございました。


私、前よりちょっとだけ頑張れました手(チョキ)手(チョキ)









posted by サリー at 18:00| 岩手 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | コーチング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月05日

月刊デイにて

デイケア、デイサービスのお助けBOOK『月刊デイ』今月号にてコーチングが取り上げられました。


月刊デイ4月号.gif

今月号の特集は、

「スタッフマネジメント」


そのうちの一つとして、「コーチングを用いて相手の能力を引き出そう」というタイトルで取り上げられています。


ついに、デイケア・デイサービスの分野でもコーチングが注目されつつあるということでしょうか?


医療分野では、ナースの世界や医師の世界でコーチングの特集が組まれることはあったと思うのですが、少し遅れて私達が働く介護分野でもコーチングが認識されつつあるのかもしれません。


私は、コーチングを学んでいるのでその分雑誌でこういう特集がされると注目度がうれしくて興奮してしまうのですが、


私の職場ではコーチングの存在を知らないスタッフも多いので、そういうスタッフに対してはコーチングという存在を知るよいきっかけになるのではないかと思います。



これからは、もっと沢山の情報誌でコーチングが取り上げられるのではないかと思います。



そうなると、うれしいですヽ( ´¬`)ノ



posted by サリー at 12:00| 岩手 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | コーチング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月04日

24時間もあるじゃないか

今、中谷彰広さんの著書『一日に24時間もあるじゃないか 時間を見方にする50のヒント』を読んでます。
一日に24時間と言っても、時間の使い方は人それぞれ。
私は、時間を有効活用しているかと聞かれると…自信を持って『ある!』とは言い難いなぁ。

つい、今出来る事を後回しにしたり、

休日は遅くまで寝てたり(-_-)zzz

時間が無いわけではないのに、時間がないと言い訳をして行動が遅くなったり(-_-;)

我ながら改めて時間の使い方を考えてみると、改善の余地がでてきます。

この本には、時間を見方にする具体的な方法論が乗ってるんですが、その中で気になったのが

『人と同じことを同じ時間にしない』

『「わかりました」から「動く」までの時間で差がつく』

『力を入れるのではなく、力を抜く事でスピードはでる』

などか、印象的でした。

私の中では、きっと様々なブレーキがかかってます。そのブレーキをかけたまま無理矢理頑張って進まなきゃと思うから疲れたり、そもそも行動までたどり着けなかったりするのかもしれません。

まずは、ブレーキを外して力を抜くイメージをもって時間と向き合ってみようかなと思います(o・v・o)

posted by サリー at 06:27| 岩手 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | コーチング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月02日

感情とは

この前のコーチングのクラスで、

『感情』『考え』の違いを理解することが大切だと知りました。


行動は、

感情→考え→欲求→行動

の流れで出来ています。


コーチは、クライアントのメッセージの中にある感情がどういうものなのかにしっかりとアンテナをはり、その感情がどういうものかをクライアントに示すことが必要だそうです。

そうすることで、クライアントは自分の内側の声に耳を傾けられるようになるそうです。

自分の内側の声は、その人に本当のことを判断してもらうための一番の指標になるそうです。



感情とは・・・
(1)喜んだり悲しんだりする、心の動き。気持ち。気分。
「―に訴える」「―を顔に出す」「―を害する」「―を込めて歌う」

(2)〔心〕 ある状態や対象に対する主観的な価値づけ。「美しい」「感じが悪い」など対象に関するものと、「快い」「不満だ」など主体自身に関するものがある。また、一時的なものを情動、持続的なものを気分と呼び分ける場合もある。


との事・・・



では、感情にはどんなものがあるのでしょうか?

調べてみました。


【感情の一覧 その1】

安心→心が安らかに落ち着いていること。不安や心配がないこと。

不安→ 気がかりなこと。心配なこと。これから起こる事態に対する恐れから、気持ちが落ち着かないこと。
感謝→ ありがたいと思うこと。ありがたさを感じて謝意を表すること。
驚愕→非常に驚くこと。

冷静→感情的にならずに、落ち着いている・こと

焦燥(焦り)→ 思うように事が運ばなくていらいらすること。あせること。

不思議→ 思いはかることのできないこと。どう考えても原因や理由などがわからないこと。

幸福→不自由や不満もなく、心が満ち足りている・こと(さま)。しあわせ。

幸運→運がよい・こと(さま)。よいめぐりあわせ。
リラックス

緊張→気分が張りつめて、ゆるみのないこと。気を張り、からだをかたくすること。

名誉→すぐれている、価値があると認められる・こと(さま)。ほまれ。

尊敬→人格・識見・学問・経験などのすぐれた人を、とうとびうやまうこと

親近感(親しみ)→親しみやすい感じ。



これだけでも、沢山あります。


私達人間はこんなに沢山の感情の元に動いているんですね。

こんなに沢山の感情の元に言葉を発しているのですね。

感情を知ることで、相手とのコミュニケーションがより理解しやすくなるかもしれませんるんるん


相手の言葉にどんな感情があるのか、注目して話を聞いてみようと思いますグッド(上向き矢印)



posted by サリー at 12:00| 岩手 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | コーチング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月01日

言葉の壁

最近、コーチングの勉強を本格的に始めたということもあり私の頭の中はコーチングで約4〜5割を占めています。



コーチングの勉強を初めて戸惑う事、それは・・・



聞きなれない言葉が多い事あせあせ(飛び散る汗)



日本語の言葉もそうですが、英語の表現も多く戸惑います。


基本的にはコーチはそういう言葉を多く使われますし、わざわざ言葉の意味を説明してくれるわけではないので、クラスを受ける前は言葉について辞書を引いて予習をしたり、自分のコーチングセッションや座談会、講座で分からない言葉が出てきたら後で調べるなどしています。


何年ぶりでしょうか、医学用語以外で辞書で意味を調べるのは・・・


おそらく高校生とかそれくらいまでさかのぼりますふらふら


改めて辞書の有り難味を感じますグッド(上向き矢印)


『言葉の意味を知らないと、理解が上手くいかない場合もあるのでどんどん辞書を引きましょう』とクラスコーチも言ってました。


辞書を引くのは正直めんどくさいたらーっ(汗)ですが、新しい知識が身について自分がレベルUPできると思えば苦じゃありません。


根っからのめんどくさがり屋のサリーです。

いろんなことをめんどくさがらずに、小さな行動を起こしてみようと思います手(チョキ)




・:*:・°★,。・:*:・°☆ ・:*:・°★,。・:*:・°☆ ・:*:・°★,。・:*:・°☆


そうそう、

最近サインペンをよく使います。

マインドマップを書くとき、クラスを受講する時、本を読む時などなど・・・適度な太さのペンでノートに大きめに書きます。

そうすると、後で見やすいです。


最近は水性のマッキーが出ているので、裏面にインクがにじまず大変重宝しておりまするんるんるんるん


最近はPCを使って文章など書くことが多いですが、時には進化した文房具を活用して楽しみながら学習や仕事が出来たらと思っていますぴかぴか(新しい)


紙用マッキー左斜め下
l010280706000013.jpg



最近のお気に入り、手が汚れないクレヨン

クレオロール左斜め下

AO-CR6-S16.jpgcharm1b,0.jpg


posted by サリー at 16:31| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | コーチング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月29日

クライアントの笑顔

先日ブログでも書いたように、現在臨床実習にいらしている学生さんにコーチングをさせていただいております。


初めてコーチングをした時は、学生さんにも私にも緊張感があり表情もどことなくぎこちなかったんですが、


最近は学生さんの表情からそのぎこちなさが減ってきた印象を受けます。


やや消極的な学生さん(自他共に認める)ですが、笑顔がなかなか良い学生さんです。


学生さんとのコーチングは1回30分程度で進めていますが、時間の経過と共に前向きな発言が多くなってきたり、笑顔で語ってくれているそんな姿が見れるとうれしくなります。


そんな、学生さんとの関わりの中で私にとってうれしい出来事がありました。


私はセッション終了から、なるべく早い段階でフィードバックシートをお渡ししているんですが


そのフィードバックを渡したあと、


学生さんがそのシートをじ〜〜〜〜〜〜〜〜〜っと見て目


それから、ゆっくりと表情がぱ〜〜〜〜〜〜っと晴天のように晴れてわーい(嬉しい顔)


笑顔勢い良く『ありがとうございます!!!( ´¬`)ノ』と言ってくれたんですexclamation

今まで自分から元気でしかもハキハキとした声を出すタイプではなかったので、今までにないその声のトーンに少し驚きましたが、同時にそういう学生さんの変化にすごくうれしくなりました。



まさか自分のコーチングで『ありがとう』なんて素敵な言葉をもらえるなんて思っていなかったので、

なんていい子なんだ・・・もうやだ〜(悲しい顔)と心で感動の涙を流しつつ、改めてその子の良さを認識しましたグッド(上向き矢印)


本当に今この瞬間にクライアントとして存在してくれているこの学生さんに感謝感謝です。


この出来事があって、少しは『私はあなたのサポーターですよ』という意志が学生さんに伝わってきた感じがしました。

そして、

ちょっとだけ学生さんとの間にラポール(信頼関係)が築けてきたようなうれしさもありました手(チョキ)

コーチとしての幸福感です〜揺れるハート

こんな幸せな気付きのほかに、実際にコーチングを始めてみると、今までどこか日常とのギャップがあったCTPのクラスの内容が一つ一つ日常とじわじわ〜っとつながって来た様な気がしています。

これは、新たな学びです。

やっぱり、思い切って挑戦してみて良かったでするんるん


学生さんとのコーチングをきっかけとして


『クライアントのすがすがしいの笑顔につながるコーチング。』



そういう、コーチングをしたいexclamation


そう、改めて思いましたわーい(嬉しい顔)




posted by サリー at 12:00| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | コーチング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月28日

○年後のイメージ

先日のコーチングのクラスで、宿題として『○年後のイメージを考えてきてください。』という課題が出ました。



○年後のイメージねぇ。。。。。




1年後・・・・?


2年後・・・・??

3年後・・・・???

5年後・・・・????

10年後・・・??????



具体的なビジョンが浮かびません。

大雑把に、幸せでありたいとかは思うけど・・・。


みんな簡単に○年後のイメージが抱けるのでしょうか??


私、前から○年後とかいう長期戦のイメージを抱くのは苦手でした。


前、私自身のコーチングセッションの中でコーチから『5年後はどうなっていたい??』とか聞かれて上手く浮かばず答えられなかったような気がします。


私のビジョンやイメージに対する考え方(概念)が大きすぎるのかな??

もっと小さなことからイメージすればいいのかな???


小さなこと・・・小さなこと・・・


1年後・・・・リハビリの仕事を続けていたい

2年後・・・・リハビリの仕事をしながら結婚もしたい。子供も欲しい。

3年後・・・・家族みんなが笑顔でいられるような幸せを感じられる心でありたい。


5年後・・・・そのときの状況を幸せに思っていて欲しい。



てか、これビジョンじゃなくて完全に願望かも・゚・(ノД`)・゚・


行動イメージじゃないなぁ。


行動イメージを長期間抱くこと苦手です。


○年後の未来を描くことは、現在の状況を客観的に見てくださいという意味合いなんでしょうが、今ひとつ私の中でこの視点がしっくり来ません。


私は、

○年後の未来の為に今日を生きる??

それとも、


今日を生きて、未来を受け取る???


どっちにしろ、○年後は



今、この瞬間なしには訪れない。


○年後を見つめられてない私は、今も見つめられていないのでしょうか??









posted by サリー at 12:00| 岩手 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | コーチング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月20日

新しい出会い

先日、地元のプロコーチが開催しているコーチング講座に参加してきました。


昨年、入門講座に参加して以来でした。今回の講座は前回よりもコーチングをより詳しく実生活で活かせることを目的とした内容で行なわれます。


講座に行ってみると前回参加されていた方も何名か居られ、久々の再会となりました。


CTPのクラスと同様、管理職くらいの年齢の方から私くらいの年齢の方まで年齢も様々でした。


そこで、一緒にワークショップをした方と仲良くさせていただいたのですが普通に生活をしていたらおそらく自分からお話しするなどしていなかっただろうと思われる方でした。大学の准教授さんとか、一般企業の教育係りさんだったり・・・


そのため色んな視点で物を捉えられているので意見を聴く事もとっても面白いです。


普段は、年齢が離れている人と交流する機会は職場くらいなのですが、このような機会を持ったことで私の私生活での交流の幅が広がった気がします。


新しい出会い。


奇跡的に出会えた方々から沢山良い刺激をうけて、日々の生活がもっとキラキラしてきた瞬間でした。
posted by サリー at 12:00| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | コーチング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月09日

ビジョン

先日、コーチ21のスタッフさんから電話がありました。

内容は、『CTP(コーチトレーニングプログラム)を開始していかがですか?』というもの。


クラスの雰囲気とか、実際に感じた印象とかそういうものについて色々聞かれました。


お話の中で、『サリーさんはコーチングをどのように生かしていきたいんですか?』といった質問がありました。

この質問に関しては、アニキコーチとのコーチングの中でも取り上げていたし、クラスの中でも自分の考えを話していたので

私の中では比較的明確なビジョンがありました。
そのため、スタッフさんにもこのビジョンを説明しました。


そうしたら、

『はっきりしたビジョンがおありなんですね!』と誉められました。

その言葉を聞いたときは、『そうなのかな?みんなこういうビジョン持っているんじゃないのかな??』と言われたことに少し疑問を持っていました。

でも、スタッフさんのお話だと私くらい明確にはみなさん決まっていないそう。

そう聞くと、ビジョンの明確な私の状況はありがたいことだなと思いはじめました。

たまたま、CTPを始める前にコーチングを受けていたこと

たまたま、コーチングの中で色々気づけていたこと

たまたま、ビジョンを話せる機会が数回持てたこと・・・


本当にたまたまが重なって今の状況がもててます。

明確なビジョンを持てて、しかもそのビジョンを言葉で表現することが出来るくらい具体的にイメージ出来ることは、本当に幸せなことです。


1回のコーチングだけではこのビジョンは未完成。

コーチングをきっかけに、過去の経験、現在の心境、周囲の状況、色んなものが影響しあって、いろんなことを思いついて、色んなことを気づいて、またコーチングでその考えを伝えてまとめて・・・・


と、こんな流れで私のビジョンは完成へと近づいていきます。

(いま、こうしている瞬間にもビジョンは少しずつ変化して成長しているんだと思います。)


今、思うのはコーチングはあくまできっかけで、

変化し続ける私の現実にコーチングがうまくフィットしたときにナイスなビジョンが描けるということ。

毎日同じ事無く常に変化し続ける私の人生。

一歩先のビジョンを持てることは本当に幸せです。


ビジョンを見つめながら一日一日を一生懸命過ごしていきたいと思います。









posted by サリー at 12:00| 岩手 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | コーチング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月01日

コーチング座談会

先日、福島のプロコーチ門馬俊光さんが主催された『コーチング座談会in skype』に参加させていただきました。
門馬コーチのブログ→http://momcoach.livedoor.biz/

本来、福島県コーチングカウンセリング実践会の会員限定の座談会だったのですが以前からお世話になっているアニキコーチにご紹介いただき参加させていただきました。
アニキコーチのブログ→http://aniki99.seesaa.net/


なかなかskypeへ入ることが出来ず、他に参加された皆様にご迷惑をおかけしてしまいましたが入れるように色々と取り計らっていただき幸いにも参加することができましたグッド(上向き矢印)。お待ちいただいたメンバーの皆さん、参加を受け入れてくださりありがとうございましたわーい(嬉しい顔)



さて、座談会の内容ですが初めてリレーコーチングというものを体験しました。私以外の参加者の方はコーチングの勉強暦も長く、実際に職場や私生活でもコーチングを活かされてる方々。その皆さんと一緒にリレー形式でコーチとクライアントの設定で「コーチングにおける悩み」というテーマで進められました。

私は、コーチングの勉強をはじめたばかりでコーチングの仕方や進め方などわからないことだらけですあせあせ(飛び散る汗)。前にもアニキコーチに一度クライアント役になっていただき5分間コーチングというものをさせていただいたのですが(そのときの内容はこちら→http://sarie717.seesaa.net/article/72498024.html、その時は気張りすぎてあせってばかりだったことを覚えていますたらーっ(汗)。そのため今回は出来ないなりに正直に思ったこと・感じたことを伝えよう!聞こう!と思って臨みましたるんるん


今回も実際にコーチ側になったとき、多少『どうしよう・・・』と戸惑ってしまいましたが、クライアント役の方や門馬コーチのサポートがあり何とか今の自分に出来ることを口に出来たのではないかなと思います。まだまだですが、気負いが少なかった分前より少しだけ前進したような気がしました。


CTPのクラス受講を始めて間もない私ですが、CTPのクラスではコーチング初心者の方が多い分、今回の座談会のような具体的なお話は聞けずその分座談会では面白みを感じました。参加されたメンバーの方のお話の仕方も手馴れている感じがしましたし、コーチングの魅力を感じ実践されている方の言葉のリズム声の奥深さに参加している私まで心があったかくなるものがありました。


ご紹介を受けて参加してよかったですわーい(嬉しい顔)


門馬コーチ、参加者のみなさま素敵な時間をありがとうございましたぴかぴか(新しい)


先日読んだ『谷川俊太郎質問箱』という本の最後に谷川俊太郎さんとコピーライターの糸井重里さんの対談がありました。

その中で糸井さんが谷川さんに向けて

『谷川さんが居てくれてうれしいです。前にちゃんと歩いている人がいっぱいいて、本当に俺は助かるなぁ』
と言っていました。

この気持ち、最近すごく良く分かります。私の前には具体的なイメージとして前を歩いてくれている人たちがたくさんいます。その人たちは谷川さんのようにちゃんと歩いている。

その人たちがいるおかげで私は前に進む勇気や希望を持てます。そして、その人たちの知恵や想いを感じることは自分の歩いている道を確かめることにもつながります。


私はうれしいなぁ。
前にちゃんと歩いているアニキコーチ、門馬コーチ、メンバーの皆さんとお会いできてうれしいな。
仕事でも、前をちゃんと歩いている上司、先輩がいてくれてうれしいな。
プライベートでも前や隣をちゃんと歩いてくれている家族・仲間がいてくれてうれしいな。
前をちゃんを歩いている人たちが書いた素敵な本に出会えてうれしいな。


私は、本当に助かってます。

ありがとう。




posted by サリー at 12:00| 岩手 ☀| Comment(4) | TrackBack(2) | コーチング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月29日

煮詰まる

昨日は、CTPクラス受講の日。

しっかりと予習をして、自分の中で今回のテーマについてイメージを膨らませていた私ひらめき


さあいざ出陣exclamation×2と意気揚々とクラスに臨みましたが、今回は全体的にモヤっとしちゃいました。


クラスコーチの言っている事も分かるし、例えも理解できる。

クラスのメンバーが話していることも理解できたけど・・・なんだろう。結局今回のテーマのはっきりとしたイメージがつかめなかった。


受講中何回か「?・?・?」と「・・・・」が頭をよぎっちゃいましたふらふら

発言をしている人は、筋道の通った立派なことをお話しされていたのだけれど、あまりにスムーズに話が通り過ぎて返ってイメージがつかめなかったような気がしますバッド(下向き矢印)


でも、この感覚別に悪いわけじゃありません手(パー)

今までにも何回かあったし。

私は、物分りがいいほうではないし特に難しいことについての感は鈍いところがあるので、時々理解できませんあせあせ(飛び散る汗)。特に初めて聞いたり触れたりする事はそうです。

今までの経験から言うと、PT学生時代の授業もそうだし、就職してからの勉強会でもそういうことがありました。周りの人はすっと理解しているのに私は今ひとつ腑に落ちていない感じ。


前までは、この腑に落ちない感じが周りの人よりも劣っているという劣等感へとすぐにつながってあわてちゃったり悔しかったりしたんですが

最近は、違います。

実は、こういうモヤっとした感じを抱いている時は頑張る瞬間であったり、とりあえず地道に踏ん張る踏ん張り所であることが多いということに気がついたのですグッド(上向き矢印)

モヤっとして少し悔しい思いをしても、投げ出さずに続けて頭の中に入れておけば後は自然にモヤっとが解消されてイメージ化できる瞬間が来るんです。


今、やっているパーソナルコーチングも振り返ってみるとコーチの助言やフィードバックはもとより、自分の発言ですら腑に落ちない状況がありましたもうやだ〜(悲しい顔)

でも、1日・1週間・1ヶ月と経つとその時のモヤがパッと晴れてスッキリするような考えが浮かんだり・行動が上手くいったりすることが多かったんですexclamation×2

地団駄を踏みながらも確実に前進していたんでしょう右斜め上


だから、今回はあせりませんダッシュ(走り出すさま)


私はこのモヤっととともに、今この瞬間も明日も明後日も目の前にある出来事に真剣に取り組めばいいだけなんです。


煮詰まるのはいいじゃないですか。

どうせならのりの佃煮なみに美味しくなってやる手(チョキ)ぴかぴか(新しい)

posted by サリー at 12:00| 岩手 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | コーチング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月27日

昨日、今年最初のコーチングセッションがありましたグッド(上向き矢印)


久々のコーチング、自分の頭の中にあったいろんなビジョンを一通りお話できものすご〜くすっきりしましたひらめき

今までのセッションとも違う。気持ちよさと今後のワクワク感を感じました。あの瞬間以前流行った脳内メーカーをしたらきっと脳の中がでいっぱいだったと思います。気持ちがラクになったの「楽」と、タノシイの「楽」ですねグッド(上向き矢印)

時間を決めて、コーチングとして色々とアウトプットする機会を持つ事は本当にいいですねexclamation

私にとって今のコーチングは、友達や家族と話す事とはちょっと違います。

適度な緊張感でお話を進められるし、コーチの絶妙なフィードバックで自己肯定感が自然と高まるし、コーチに話していると思うことで第3者からのフィードバックも素直に聞けるし、(コーチに対する尊敬の気持ちからでしょうか??)、だから新たな気づきも多いし・・となかなか良い方向右斜め上に働いています。


やっぱりコーチングとは出遭うべくして出遭ったのかな?と思ってしまいます。


コーチングに出遭って私はだいぶ心が楽になりました。それに、物事を深く考える事自分の考えを意見として他者に伝えることがストレス少なく出来るようになってきたような気がします。


このかわいい楽に生きれるかわいいという一つの方法・選択肢を周りにも教えてあげたいな。押し付けではなく、ごくごく自然にぴかぴか(新しい)


そのために今すぐ本を読んだり、紙に考えを書いたり、すっきり眠ったりとできる事を楽しんで取り組んでいきたいと思います手(チョキ)手(チョキ)手(チョキ)



★,。・:*☆本の紹介☆ ・:*:・★

医療の現場でコーチングを活用する時のアドバイス的な内容が盛りだくさんです。コーチングというものを医療現場でどう応用するの??といったイメージがつかめる一冊だと思います。読みやすい一冊です。

かわいい医療現場で働いている方でコーチングの概要を知りたいという方におススメですかわいい






posted by サリー at 12:00| 岩手 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | コーチング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月26日

初マインドマップ



今日は、これから久々のコーチングセッションですグッド(上向き矢印)


年末にコーチングをしてから、今年初めてのセッションです。


昨年末の最終コーチングから、そこから私の頭の中もいろんなことが駆け巡り、今日コーチにお話したい事もたくさんできました。今から、楽しみです。


頭の中にあることをコーチにお話しする前にと、今話題のマインドマップを書いてみましたひらめき


初のマインドマップ。本に書いてある方法通りに書いてみましたが書きなれてないため時間がかかりましたあせあせ(飛び散る汗)。でも、書いた後書いた事を思い出すのにイメージで思い出せるので今まで書いていた箇条書きのメモとは違った良さを感じましたるんるん


色々なペンを使って書くことで落書きをしているようなワクワクした気持ちで取り組めるのもいい感じです。


わたし、絵心が今ひとつたらーっ(汗)(書くことは好きなんですが・・・)なので、マインドマップの中心のイメージ画が今ひとつ個性に欠けますが、これも書いていくうちに慣れてきてどんどん個性的になれればいいなぁ〜と思いますexclamation×2


今回マインドマップを作成するに当たって参考にしたのは

「できる社員」の最強メソッド マインドマップ(R)ビジネス超発想術 (アスキームック)  遠竹智寿子、月刊アスキー編集部 (著, 編集) 』という本。





1000円という安価である上に、CD−ROMも付いていて初めての人にはわかりやすいと思います。とっつき易さは格別ですひらめき


もう少し、マインドマップを書いてこなれてきたら本家本元のトニー・ブザン氏の『ザ・マインドマップ 』も購入して見て見たいと思いますわーい(嬉しい顔)



それにしても、ペンを使ってイメージを書くのって楽しい!!
はまりそうです黒ハート








posted by サリー at 18:48| 岩手 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | コーチング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月21日

初参戦

今日、コーチングの勉強のためCTPのクラスを受講してきました。


初めての参加だったので、もう開始5分前には心臓バクバク黒ハート

自己紹介だけでもしっかりとしようと心に決めて望みましたが、少し緊張で声が震えてたかな??


クラスは結構たくさんの人が来ていたので、色んな人の話が聞けて新鮮でしたわーい(嬉しい顔)

同じようにリハビリに関係するお仕事をされている方もいらして、なんとなく親近感が湧きましたね。


クラスの時々にあるクラスコーチの質問に一回は発言したいなぁと思って臨みましたが自分から発言するのってやっぱり勢いが必要ですね。一瞬、息を呑んだだけで発言のチャンスが無くなったりして・・・

こりゃ迷っている暇は無いな〜と思いました。


意を決してクラスコーチの何個かめの質問に対して発言した私ですが、話している間コーチが何も言わず黙って聞いているので本当に自分で話すペースと話の起承転結を意識しながら話さなくてはならず、およそ20秒程度の発言でだいぶ神経をすり減らしたようなかんじがしました。

発言が終わってから、コーチが私の意見に対して「優しさが感じられますね」と言ってくれたので、そう言ってもらえたことはうれしかったです。声だけを聞いて私のことを「優しい」と認めてくれたクラスコーチ。私の声には優しさがあふれているのかな??(と・・・これはちょっと調子に乗ってますねあせあせ(飛び散る汗)


それに、私の意見に対して同じリハビリ関係のお仕事をされている方が意見を出してくれて、またそこでも色んな意見があるなぁ〜と感心しました。


クラスの皆さんのお話の仕方、声のトーン、などなど。聞いている限り私より年が上の方が多いのかな?という印象を受けました。みなさん、自分の意見をしっかり持ってるんです。発言の一つ一つが立派なんですよね。


私の発言は決して立派なものではなかったけれど、そんな私の意見をしっかりと聞いてくれたクラスのみなさんに本当に感謝です。



私は、出来れば立派な発言をしたいけれど。でも、無理に背伸びしてしまってもしょうがない。

私は、感じること・考えることを今の私の言葉で飾らず表現していくことが大事かなと思っています。



う〜〜〜〜〜〜〜〜〜ん


今日初のクラス。

感覚としては、まぁまぁでしょうか。
気張りすぎず絶妙な緊張感でした。


結構、こういう緊張感の方が今後の展開が良い方向に行くことが今までは多かったです。

初めての感じが「すごい!!サイコ〜!!」って思うと、空回りすることもありました。


なので、このくらいがいいのかも。


来週もあるので、今日の宿題を考えながら気張らずに頑張ります。


posted by サリー at 23:39| 岩手 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | コーチング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月31日

今年最後のコーチング

金曜日、今年最後のコーチングでしたグッド(上向き矢印)


そして、このコーチングはコーチと契約してしいたコーチング期間の最終回。記念すべき最終回でしたexclamation×2


そうです

この回で、コーチング終了と言う事になったんです。

感慨深かったですねわーい(嬉しい顔)

今回のコーチングの前に色々あり、ちょっとテンションダウンバッド(下向き矢印)してのスタートだったんですが、徐々にいつものテンションに戻ってましたグッド(上向き矢印)

まさに、コーチマジックひらめきです。




今年の夏に、コーチのブログでコーチングに出会い、

コーチングのクライアント募集に思い切って応募して

9月くらいから、実際にコーチングをしていただきました。


今となっては、正直自分が9月の時点でどんな会話の展開をしていたのか良く覚えていませんがふらふら


一番最初と、現在と大きく違う事は

いくらか、頭を整理しながら話せると言う事かなと思います。


初めの頃は、自分でも何を言っているかどうかも分からず・・・

整理されないままの宇宙言語を話していた事でしょう

きっと、コーチも戸惑ったことと思いますあせあせ(飛び散る汗)


1ヶ月に2回か、1回か。

その頻度でコーチングを勧めていってもらう事で、徐々にではありますが、頭を整理して話す事が出来るようになりました。



私の場合、初めの3から4回ぐらいまではその時担当していた学生さんの指導についてのコーチングでした。


学生さんのスーパーバイザーをするのは初めてで、困惑していたのですが、コーチングを通して自分のできる事を見つけ出す事が出来たような気がします。



教えなきゃという、変なプレッシャー

指導した事が反映されないもどかしさ

そういうものでカチコチに固まっていた頭の中を、コーチングで溶かしていただきました。


何よりも、コーチングを受ける中でコーチが自分の可能性を信じてくれていたことで、自分も学生さんの可能性を信じようと徐々に考えが変わっていったのです。


どんなに、周りのスタッフが『この学生は実習終了も考えた方がいいんじゃないの?』と、指導にさじを投げかけても、


私は、彼女なら出来ると信じていたような気がします(コーチに色々と愚痴のような物も言ってたような気もしますが・・・たらーっ(汗)

「大丈夫。変わってきてます。大丈夫。今頑張ってます。」と何度言った事か・・・・


実際には、学生さんにもずいぶん厳しい事も言いましたたらーっ(汗)が、それでも、彼女は私に食らい付いてきてくれました。

今思うと、そんな彼女の存在がありがたかった。彼女頑張りました。


誰かを指導する時、自分の思い通りにならないとついつい腹を立てたり、相手の可能性を否定してしまったりする事があると思います。


「なんで、私がこんなに一生懸命になっているのに分かってくれないの?成長してくれないの?」と


でも

コーチングを通して私は

どんなに、思い通りにならない状況でもその中で未来をプラスにするために自分にできる事はないか?

という視点をいただき、頑張ることができた。

彼女のできない面を指摘し、『変わりなさい。』とばかり言うのではなく、彼女が変わるために自分ができる事を探し始めた。そうする事で、彼女も少しずつ変わり始めた。そして、バイザーをやる事に対しても心が楽になれました。まさしく、「投げかけたものがかえってきた」瞬間でした。



彼女が変わる方法を、コーチと一緒に探したわけではないんです

ただただ、自分と彼女の可能性を信じて、そして見つけ出し、
自分の行動を変化させたんです。

コーチングは今まで受けた、カウンセリングのような物とは違いました。

相談して満足して終了ではなかったんです。

相談して、気づいて、考えて、ひらめいて、実行して、成果が出て、報告して、認めてもらって・・・・・

と、数々のステップがあり一つ一つ勧めていく事が面白くなっていく。それは、まるでゲームのステージを一つ一つクリアしていくようなすがすがしさ。

それが、私にとってのコーチングでした。

コーチは、私を未来へとギリギリと引っ張るでもなく、気がつけば、望む方向に向かって、気楽に歩いている。そんな状況を作ってくれていたのかもしれません。





実習中のコーチングでコーチに言われた言葉

「彼女(学生)との出会いが、サリーさんにとって良かったと思える日が来ると思います。彼女から学ぶ事が必ずあります。意味のない出会いはないと思っています。」 




今は、本当に彼女に出会えてよかったと思っています。

あの時は、こんな風に思う未来がくるとは正直信じがたかったけど、


コーチの言葉は真実になった。



なぜか
コーチの言葉は当たるんです!!


コーチングの時は、何気なくスルーしていた言葉も

何日・何週間・何ヶ月か経つと、その通りだなぁと思える出来事にめぐり合う。

不思議なくらいですが。

まさに、コーチは予言者のようです(私よりも人生経験が豊富って言うのもあるんでしょうが)


コーチのこの言葉が真実であるならば、

コーチングに出遭った事、コーチに出遭ったことも私の人生の中で大きな意味を持つ事になりそうです。


コーチが言うように、来年はヤバイ年になるかな?

いや・・・個人的にはヤバクなくてもいいんです。るんるんあったかい幸せを感じる年るんるんになれるといいな。


コーチ、長い間ありがとうございました。

また、今後もよろしくお願いしますわーい(嬉しい顔)






posted by サリー at 15:11| Comment(2) | TrackBack(0) | コーチング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月13日

コーチング講座2回目 ★その2★

なんでできていたのか?

それは、話をしている相手の事が好きだから、この人の話を聞きたいと聴く姿勢が出来ていたんです

だから、承認をさらぁとできたりしてたんです。

ペアワークでも、相手の良いところを自分の中で見つけて聴く姿勢をしっかりもって再びのぞんだら、

変な気負いをしないでお話ができたんです。

気負いしてた時より遥かに良いテンポと雰囲気でできたような気がしました(^O^)
あの時は聴く事が楽しかったですね(^_^)

そんな新たな気づきもあり
聴く事がもっと楽しく、もっと良くコミュニケーションがとれるように、
コーチングの勉強をもっとしたいなぁ更にモチベーションがUPしました。

それに、実際にコーチングの考え方やスキルを意識したコミュニケーションを取る機会を増やして行きたいなとも思いました。

なのでこれからもこういう講座やセミナーには積極的に参加しようと思いますo(^-^)o


携帯からの更新なので、打ちにくいですね〜(*_*)

文章がごちゃごちゃしちゃってすみませんm(__)m


今日も読んでいただいた方
ありがとうございました

(●^o^●)

posted by サリー at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | コーチング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コーチング講座2回目

今日はコーチング講座の日
今回の話は承認と効果的な質問について

承認とは『相手の存在を肯定的に認め、相手の考えや行動を支持すること。相手の良いところを良くみて、心に留め、それを言葉に出して伝える』こと

日本は昔から弱点克服型のアプローチが多かったんですが、コーチングでは承認により相手の強みを伸ばすアプローチです

強み = 相手の自己肯定感が比較的高い部分

承認の効果や具体的な方法まで解説して頂き、承認についてのイメージも前より具体的になりました

承認において効果的な私メッセージというもの

これがまた考えながらやってると上手く言葉にならない(*_*)すぅっと相手に響く私メッセージにするには日頃から私メッセージを使う練習が必要ですね!

承認についても、ペアワークで実際に体験したのですが、今回も始めは上手く承認できませんでした(*_*)「さあコーチングだ」「さあ承認するぞ」って構えちゃって承認する前に前提としてある『あなたの話をしっかり聴きますよ。貴方を支援したいんです』という土台がグラグラしてました。
私はなんで承認が意識しなくても出来ていたのか。



★その2へ続く…★


posted by サリー at 21:57| Comment(0) | TrackBack(0) | コーチング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月12日

コーチ側

昨日のコーチングでコーチからある提案が
『今日は、サリーさんがコーチでコーチングしてみよう』
前に一度、いつかそういう事をしてみようと提案を受けていましたが、まさかこんなにいきなり言われるとは思ってもいませんでした(>_<)
しかもクライアントは自分のコーチですよ!
言われた途端緊張と興奮状態へ突入。しかし、当のコーチはそんなのお構いなしにノリノリ!緊張しましたが、コーチングをしてみたいというワクワク感も高かったので思い切ってやってみました
やってみての感想

む・む・むずかしぃぃぃ(>_<)
相手の話を傾聴しながら質問を考え、良い方向へ促すことはとてつもなく難しかったです
私は自分で言うのもなんですが、承認は得意なほうだと思います。特に意識しなくてもできるし承認が好きなんです
でも、コーチングで傾聴しながらだと話を聴きながら次の展開とか考えちゃってうまく傾聴もできなくて、私の自称持ち味の承認も出なくて…散々でした(^_^;)コーチにはある意味素晴らしいコーチングの感想をいただき笑いながら凹みました(ToT)
でも、もっと相手の話を聴いてみたいとも思いました。コーチングの難しさと新たな面白さを感じました
ほんと、面白い体験でした。
posted by サリー at 23:45| Comment(2) | TrackBack(0) | コーチング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月11日

煮詰まる

今日はコーチングの日でした。

今日で8回目だったんですが、久しぶりに煮詰まりました(^_^;)

最終的には煮詰まったままではなく、煮詰まった割にはさっぱりした感じになりました。

今日もコーチは私の話を聴いてくれて

聴いて貰えている事ですごく安心して話せました。

テーマは今後のコーチングについて

私の中で渦巻いている考えを、様々な質問に答えながら整理しアウトプットしていく内にまた新たな考えが浮かんでまた整理して…の繰り返し

そうする内に、これでいいかもと思える想いにたどり着く。

今回はそういう過程の中で、

『やっぱり私コーチング勉強したいんだ。』

と、私の中の強いモチベーションに気づけました

人生にはいろんな問題がふりかかる

大きくても、小さくてもそれは自分にとってきっとトライするに値する問題なのだと思う

気持ちよく問題に向かうためにコーチングは役に立ちます

posted by サリー at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | コーチング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アクセス数増加ツール 最終確認☆SEO 20080104(by オークション便利ツール 123913)

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。